揺らぐし惑う



書き上げたままどうしたものかと思っている間に2月になっていた。
時の流れに置いていかれそうだ。


年末年始懲りもせず散々な思いをした劇団の公演を観に行っていた。
色々と割りきれない気持ちもあったけど、初めて観たときからずっと大好きでずっと見続けてきたから。
正直好みでない作品もあって、もうついていけないのかと思ってた時期もあったりしたけど
それでも6月のフェスはあの千穐楽までは楽しくてやっぱり大好きでまだまだ観たいと思っていた。
でも千穐楽の日完全に振り落とされたと思った。
悔しくて悲しくて許せないとも思ったけど、それでも諦められなかったし、なんとか許せる部分もあってまた劇場に足を運ぶ事ができた。信頼できる劇団員もいて。
年末初日の観劇を終えたあと「嗚呼本当に観てよかった、諦めなくてよかった」
と思えたことがやっぱり嬉しい。
ずっと大好きで観てきた劇団だから、終わりにしなくてよかった。
もしかしたらまた傷つく事があるかもしれない、でもまたこうやって素晴らしい作品が手を差しのべてくれるかもしれない。
それならこれからも観に行きたい。
話をしたかった数人の劇団員さんとも、あの日から今日までそしてこれからを話すことができて
いつかあんなこともあったねーと笑い話にできる日がくればいいなと思ってる。


先日その劇団とは違う某劇団の新年会と銘打ったイベントにいった帰り
友人の友人で初めましての方と帰りが同じ方向で、二人で観劇の話、演劇人と観劇人の話をつらつらと交わした。
その人は6月のあの日の現場に居たわけではなかったけど、やっぱり思うところは大方同じで。
なんでだろうね、届かないひとにはどんなに言葉を尽くしても届かないのだよね。と。
演劇人は観劇人を甘くみている。
私たちは、それはさ、ただの趣味で好きでやってることでしょと言われたらその通りなんだけど、決して安くはないチケット代を払いチケットを取るためにも最大限の努力をし、当日時間を作って劇場に足を運んでいるのだと言うこと。
一月に何本も、同じ公演を何本も観るそういう人はそう多くはなくて、こんな風に観劇している人がいて。そうでない人がそうなる可能性の低さを考えてみて欲しい。
それは別に私たちを大事にしろと言うことではなくて、
ひとつもないがしろにして良いことなんてないんだよ。
と言うこと。
本当に些細なことでひとつの観劇が台無しになることはあるし、そのたった一回の出来事で離れていく客もいる。
そして、新たなお客様を呼ぶことの大変さは制作をしていれば痛感することでもあるんじゃないかな。
なのにああいうことは起きた。
劇場空間を作るのはステージの上の人たちやスタッフたちの仕事だけではなくて、もうそれはどうしようもなく観客が作る空気と言うものが大きく影響している訳で。
その空間を時間を守りたい。
私は出来るだけ、少しでも多く劇団にお金を落としたいと思ってるし、大好きなものを嫌いになりたくはないし、長く続いて欲しいし、それを見届けたい。
その為に歩みよれるなら歩みよりたいし、商業演劇ではないから作れる関係や空間があると思う。
何が言いたいかよくわかんなくなってきたけど、私は私の好きなものを守りたい。
手離すことは簡単だと思ってたけど、それすら上手く出来なかった、だったら全力で守りたいと思ってしまったのですよ。
私はどこまでこうやって生きていくのか分からないけど、迷いながらも大好きで大切なものの為にいられたらそれがいいな。
まだ暫くはこんな感じで。

悲しみを集めて眺める



6月楽しみにしていた1ヶ月近くの期間に及ぶ演劇のフェスの最後にあまりにも悲しい事が起きた。
それはもう完全に観客への裏切り行為だったと思うし、ただただ契約不履行だったし、それに対する制作の態度の酷さ、事の深刻さを理解出来ない代表に対するあまりにも深い悲しみと悔しさとそれでも諦めきれない自分の情けなさだった。

続きを読む

なぜ過程でまだ見ぬ未来を切り刻めるのか。。



今年はちゃんと休みを取りながら過ごそうと思っていたのに、なんだかばったんばったんしております。
故に!
まだジュウオウジャー1話しか観れておりません!
気体先輩がはてな書いてくれてるのをありがたく読んでいるわけで。
ゴーストも、ニーチェ先生も録画がたまっております。
後2週間もすればすっかり落ち着く予定なのでね。


ちなみに今年は最悪な事態と最高な時間と落差が激しくてなんとなく、ざっくりとその落差にやられてます。
それと、お腹の調子が悪いです。


以上近況でした。

絶え間ない悲しみと共に



ロッキンイチローさんの訃報に打ちのめされたり
職場の人がインフル撒き散らしたかも疑惑に戦々恐々としたり
柿の稽古場公開に赴いたりしている日々ですが、
そんなことより!!
気体先輩が時間がない人のためのジュウオウジャー書いてくれてるよ!
ジュウオウジャー1話かわいかったもんねぇ。。
気体先輩といえばキョウリュウジャーの時、見てなくてもまるで見ていたかのように詳しくなれる記事をあげてくれていたのが、途中からキョウリュウ見始めた私には大変役に立ったのでした。
あれ毎回長文すぎたけどね!愛を感じておりました。
例えば私がゆるっとたらーんと書いた事、時々Twitterで呟くわかる人がほとんどいない呟きでも、もちろん気体先輩が書いてくれている事でも何か楽しそうなことがあると意識の片隅に置いていてくれたら、また誰かのきっかけの一つになるかもしれないと思う。そうなれば嬉しいよね。
私もたまたま好きな女優さんがでていただけでは特撮見続けることなかったんじゃないかなと思ってるからね。


そんなわけで、ゆるゆるとテレビ見ていたりします。
明日はジュウオウジャー2話だよ!

ショーとか映画とかそして最終回




行こう行こうとずっと思っていてようやく初Gロッソでした。
本当は1期から毎回観れたら何よりなんだけど、せめて素顔の戦士だけでもと思ってたんだけど4期は行けず。。。


特撮見始めて、ポツポツとイベントにも足を運び始めて思ってる事なんだけど。。
俳優さんが出るイベントの客層は若い女性や大人だけのお客さんも多いと推測できたから私も一人でも行きやすかったんだけどGロッソ素顔の戦士以外の時行くの凄く躊躇う、躊躇って行けてない。
やっぱり俳優さん出る出ないで客層に変化あるよね?
今回だってやっぱりGロッソは家族連れの為のものだと、子どもたちの為のものだと思ったから、誰か子どもかして(違)


まああれだね、わきまえて楽しみますと言うこと。
ニンニンジャーショー5期でした。
最近本当に土日休みが取りづらくて、なんとか奪取したお休みにようやっと駆けつけました!


正直なところニンニンはそこまで嵌まらなかったなぁと思ってたんだけど、先日の超英雄祭でショーみて、俳優さんたちも見てると、今まで一年間見てきた事による感慨深さが異常事態です!
結局終わるの寂しくて泣くんだ。。
これが一年特撮を見るということなのか。。


今までチケット運のなさを発揮して、特撮イベントはことごとく遠い席ばっかりだったんだけど、Gロッソ良席でした。
近いよー、見やすいよー!


ヒーローショーの為のステージだものね。
アクション凄くかっこよくて、本当に楽しかった。
ステージの3階からぷわぁーって落ちながら(飛びながら?)敵を切るとかもう!かっこいい!
ひゃーってなってました!
素面アクションは思いの外ヤッキーが身軽で、立回りもなんだけど、落ち方転がり方と、かけ登り方がかっこよくてねぇ。
ダンスの切れ味は微妙なのにね。。
キンちゃん足長いから立回りかっこいい。
霞姉の立回りもコートがひらりとしていてきまってたね。
カクレンジャーハリケンジャーのレッドも来てくれたよ!
素面での名乗りもヤッキーがかっこよかった(…贔屓目)
そして親子三世代揃っての名乗り!
みんなかっこいいね!
もうこっちはグッときてるから、泣くところだったから。
最後のダンスもみんな可愛かったし
そしてやっぱり風花ちゃんのキレッキレのダンスが好きすぎて!
カーテンコール(って言ってよいのかな)もあってちょうど正面だったし近いしよく見えたんだけど、ヤッキーは凄くお客さんの顔をしっかり見てくれてた。
たか兄の呼び込みでジュウオウジャーのお披露目も。
名乗りのポーズを真似するニンニン達可愛かった。
凪ちゃん呑み込み早いな。
なんて事を思っていました。


特撮って若手の俳優さんが沢山でるから一年間その成長を見るのが本当に楽しい。
もちろんストーリーの面白さやキャラクターデザインの良さ、アクションのかっこよさとか楽しんで見れる要素が沢山あってだね。
もうすっかり夢中です。


まだまだ色んな事を新鮮に楽しんでいて、かわいいかっこいい!!とテンション上がる事ばかりです。


映画もいつも一人で行ってるんだけど、ニンニンジャーVSトッキュウジャー私が観た回お客さん二人だったね。
前にも二人だったやつあったな。。。
一年ぶりに見るトッキュウちゃんたちが懐かしく、そして愛しくて泣きました。
本編でもトッキュウちゃんたちには泣かされたもんなぁ。
大好きだったし、今もやっぱりトッキュウジャー好きです。
映画面白かったしね。


ニンニンジャーも終わってしまって、寂しさもひとしおなんだけど、その反面ジュウオウジャーがとても楽しみだったりします。
ニンニン最終回なんだかあっさり終わってしまった気がしたんだけど、最後の九衛門が本当に良かった!
キンちゃんと九衛門のシーンがいつも大好きでした。
Vシネマも情報解禁したし、まだまだ楽しみがある。
一年間楽しい戦隊でした。


ところで、上映イベント舞台挨拶系のチケット取れたことありません!

何もない故に何処へでもゆける



もう一刻も早い地球の滅亡を願うくらいにはやさぐれていたので、先日一瞬の隙をついて一瞬だけ京都行って来た。
どうしても観たい芝居が京都公演のみだったっていうね、いつもの感じなんだけどね。
ちょうど磁器作家の友人との二人展の期間とまる被りだったのだけど、公演の千穐楽が休廊日だっ!と言うことでもう運命。
行く。
直前まで本当に体調も精神状態もギリギリアウトな感じだったんだけど、行けば救われる気がしてならなかったし、行かないときっと本当に救われない。


品川から京都まで新幹線で2時間ちょっと。
あっという間で旅って感じも味わえなさそうな。
移動で疲れるのは時間にじゃなくて距離にだよ、と言った人がいたな。
本をパラパラと捲り、車窓を流れる景色を眺める時間と、進みゆく距離に刺々しくなっていた心が少しずつ緩んでいく感覚。
手放したくて、でも手放せないものもそのスピードで振り落としていく。
長い距離も一瞬で進んでいく、滞在時間もほんの少しの旅と呼ぶにはあまりにもあっという間のものだったけど、重たかった心もふわりと旅に出れたから時には日常から離れる事も大事だなとしみじみと思ったり。


京都では『また愛か』京都芸術センターは元々は小学校だった建物で古き良き建築物、郷愁を誘う素敵なところだった。
いつもは東京で会ってる観劇繋がりの京都の友人にも会えたしいつも東京で会ってる東京の友人にも。
栄養ドリンク用意して待っててくれる友人の優しさ。
二幕の悲劇、の幕間に声をかけてくれたいつも仲良くしてくれる大好きな東京の役者さん。
兎に角もうそこかしこに、そう、本当に『また愛か』愛ばっかりだよ。
観終わった後は席から立ち上がれないんじゃないかという位観る側も体力のいる芝居でもう疲れはてたーと思っていたけど
観劇後暫くしてから、お腹の底から沸々と沸き上がるような力があって、面会でもまたたくさんのパワーを貰ってしまった。
御守り大切に身に付けくれていたのが本当に嬉しかった。


劇場から帰りの駅までの道のり、その東京の役者さんと共に。
可愛らしく本当に素敵な芝居をする人で、私の個展にも足を運んでくれたり
気づいたらもう本当に長い間彼女の芝居も観ていて、そんな彼女と京都を歩く不思議な感覚。
私はまた力を貰ってしまったよ。
素敵な話も出来たと思う。


京都らしい所に行くことも、何か美味しいものを食べることもなかったけど、束の間東京を離れて手にしたものは本当に暖かく大切なものばかりでした。
『また愛か』観れて本当に幸せでした。
また、愛かよって思うくらい、もううんざりするほどまた愛か。