柿喰う客企画公演 玉置玲央一人芝居『いまさらキスシーン』@王子小劇場






ホントは21日に観る予定だったんだけど
急遽都合ついたって事で
『いきなりベッドシーン』『いまさらキスシーン』の
2本立て(それぞれ独立した公演です)
のうち21時から始まる『いまさらキスシーン』のみ観劇
っていうかこっちしか間に合わなかったんよね。


一人芝居というものを始めてみました。


多分これはかなり柿らしく
これが一人芝居かぁ
という認識にしてしまったらいけないんだろうな。


とにかく25分間
烈火のごとくしゃべりまくる
25分間のステージで3年間の高校生活を語りつくすってんだもん
テンポ良く。


玉置さんの姿に圧倒されつつも
こんなしゃべって動いたら死ぬ!って思ってみたり。


少しダーク(ブラック?)で
シュールなようで、それでいて切ない。


出てきた瞬間の違和感バリバリの女子高生姿も見慣れるとかわいい(笑)
しかし、足の筋肉すごいです。


緊迫感のあるステージに
押されてしまったけど。
楽しかった。


「背筋をピンと伸ばして、脇をきゅっと・・・・国道四号線を・・・・」
と繰り返されるセリフが
観終わった後もいつまでも頭の中から離れませんでした。