こんな私も生きててイイですか?その3



最後です。長いです。


■9/28
(まだまだ28日です)


手術するのは数値が6をきったら
とは言っていたものの
出血が止まらないらなら止血のために手術する
というような事も聞いていました。


とにかく出血してるし血は広がってるしで
ご家族の方に連絡します
という事に。。


当直の先生が病室を離れてる間に
看護師さんから
手術することになると思います
といったことを言われる。


なんでもいいから早くなんとかして!!
そんな気持ちでいっぱい
だってもうホント痛いし><


そして、にわかに回りが慌ただしくなります。
緊急手術!?


両親が病院に着いたのは11時過ぎた頃だったようで
手術の準備がばたばたと進められていきます
何やらいろいろ書類にサインしたり(へろへろな字で)
輸血の準備したりレントゲン撮られたり
点滴も両腕から(1つは輸血用の)
で、なかなか針が入らなくて3人がかりで5、6回目位でようやく。。。
これもなかなか痛いもんです。。


そんなこんなで担当の先生も来て(夜中に申し訳ないよなぁ)
手術室に行くころには日付もかわっていました。




■9/29
手術室にて
全身麻酔は背中から
これが結構ね、痛いんだけど。。。
お腹の痛みに比べれば。。。。
でも、うぉっ!!ってなったね(笑)
あっという間にころっと意識が遠のいて
当然、気づいた時には手術も終わっていました。


意識朦朧、先生に何やら言われて
返事をしたりしていた記憶はあるんだけど
(ちゃんと返事出来てたかはあやしい。。)
何を言われたかまったく覚えてません!
手術室から病室に戻る間に吐いたりしてしまいました。
苦しくて気持ち悪かったんだよ><
手術直後の記憶はかなりまだら。。


手術後、両親は先生の説明を受けて
いろいろ見せてもらったようです。
お腹開いてる写真?画像?とか
出てきた血やら。。。


そうそう、手術は内視鏡手術とか言ってる場合ではなくて
がっつりと開腹手術でした。


普通、卵巣出血は左右どちらかで
出血は1リットル位と書きましたが
開いてみたらば、右卵巣からも出血していて
1.5リットルと大量出血でした
左卵巣は一部切除したはずです。


輸血の準備はしていたのだけど
結局輸血はしなくてすみました。
貧血の数値が5をきると輸血しないと命にかかわる
と手術前に聞いていて
手術後4.2まで下がっていたんだけど
輸血しないでがんばりましょう
と先生が言ったそうです。
うん、頑張るよ!


輸血は一生ものだからと
先生はさかんに言ってましたが
どういう事かはっきりわかってません
ようは、リスクがあるってことよね。。。
違う?


そんな感じで血が足りないんで術後の回復は遅れます。。。


朝目覚めてからも、この日は1日ろくに寝返りもうてない感じ
身体も頭も働かず眠ってばかり。
熱もあったし。
夜にまたお腹が痛くってエコーで見てもらったりもしたんだけど
異常なしで、痛みどめを入れてもらいました。


この日は朝から看護師さんにさかんに
「頑張ったね」「大変だったね」
と、声をかけてもっらたのだけど
いやいや、大変だったのはそっちだろう
と思わざるを得ない
だって、麻酔で意識なかったし
頑張った気ゼロです(笑)




■9/30から退院までの話
30日もほぼ動けず
寝返りと足を動かしたり
回復に向けて少しずつ。。。


1日からようやくお茶が出ました
けども、あんまり飲めず
点滴もモリモリ


歩行練習も2回
よろよろと。。。。
車イスでトイレは行けるようになりました!
これがかなり嬉しい
血が足りないのでふらっふらです。


2日、ようやくの食事なんと5日ぶり
流動食だけど嬉しい!
点滴は3日で終了
3日まではトイレは看護師さんと一緒でした。
やっぱりふらふらだからね。。。
造血剤の注射は5日まで


担当の先生は結構若い男の先生だったのだけど
めちゃ良い先生で
しかも、かなりいい声^^
回診の時に廊下とか近くの部屋から聞こえてくる
いい声にこっそり癒されていました。


ゆくっりゆっくりと回復
トイレも食事もホントに一仕事って感じで大変だった。
食事するのがあんなに体力消耗することだったなんて
今まで知らなかったよ。。


先生に今回の出血の原因を聞いてみたりもしたんだけど
原因はわかっていないようで
卵巣がある以上、女性であれば誰しもこういう事態はありうるそうで
だから、そんなに珍しいものではないし
婦人科的には良くあることだそうです。
親がいろいろ調べてくれたところ
過労やストレス、外部からの衝撃などが
原因に考えられるけど因果関係はわかってないみたい。


とにかく健康のありがたみをしみじみ感じた入院生活でした。
からだだいじに生きていこうね。
と思わずにはいられなかったよねー。


回復が遅かったので退院も遅れるかも
という話もあったんだけど
9日に気合で退院。
そういえば、結局退院までに体温が平熱に戻る事もなかったな。。。
(退院早々風邪引いたしさ)


人生初救急車、初入院、初手術と
まぁ、何事も経験ですかね?
大変だったけど、大事には至らずよかったよ。。


今月末に術後1ヶ月検診です。
元気になってるといいなと思う。
手術痕を見るとやはりちょっと切なくなります。
傷ばっちり12センチ位ある
どのくらい目立たなくなるのかなと日々思って。。


それにしても家族にも多大な心配と迷惑を
いやもういろんなところに迷惑を。。。


平凡、平穏無事な人生を送るのが目標だったのだけど
思わぬところに落とし穴があったなぁ。。
気持ちはすっかり元気です。
身体はまだまだついて行けてないけどね^^


みなさんもからだだいじにね。