這い上がるくらいで ちょうどいい



なにも書く気が起きなくて
ぼんやりとした日々を過ごしていたけれど
ようやく、ぽつぽつ書き始めようかと思っている。


怒髪に元気もらったし
動きだそう。いろいろ。
ライブの予定も観劇の予定も立てている。


明日は志村會


お花の準備だけはしたけれど
心の準備なんて全然できないや。
この感情を消化するすべをあたしは
きっとまだ持ち合わせてなくて
まだ全然悲しみに囚われてる


でもそれでもなんとか前を向いて生きていかなければ
それだけは強く思うよ。


明日どんな気持ちでその場に立つのか
まったく想像がつかなくて
中野に向かう足取りはとても重いと思う
正直行きたくない
けど、行かなきゃ絶対に後悔することだけはわかってる


一人で行く勇気はないから待ってるね。。


今はぼんやりとhideちゃんの献花に行った時のことを思い出している。
友達と二人で買った花と
行けない友達から預かった手紙をもって
授業が終わってから急いで向かった本願寺
よく晴れたとても暑い日だった。


もうあんまり悲しいのは嫌だよね。。。