僕はまあまあ 元気でいるけど すべてうまく行く事は あんまない



約束を反故にされた。
連絡もつかないのはいつもの事だと
会えなかった残念感はあれど
怒りはないし
そんなもんだよ
と、雨の上野を後にして
乗換駅でひとりお茶をして
ホームに向かったところで
謝罪の電話。


電話を切ったところで
無性に悲しくなった。
のは。
電話に出る前に聴いてたフジファブリックのせいかもしれない


知り合ったばかりの頃
フジファブリックの志村に似てるね」
って話しかけたら
まさかのフジ好きだったから
何度か一緒にライブ観に行ったんだったね。
まあ、あの時は似てると思ったけど
今はずいぶん志村がおしゃれを気取ってたから
似てないなと思う。


思いがけないところから
思い出が転がり落ちてくるので
不意に泣きそうになるね。


最近はずっとCHRONICLEを聴いている。
去年のツアーに行かなかったから
このアルバムの思い出とか思い入れとかが
驚くほどない。
けど、これから先
このアルバムを聴くたびに
志村のいなくなった冬を思い出す事になるんだろうな。


この悲しみも寂しさも全部
このアルバムと共に大切にしていくのです。
他の曲には、アルバムにはその時々の
楽しい思い出だけを持たせよう。
そんな気持ち。




というか、昔の曲聴くと泣いてしまいそうなんだ!
思い出と思い入れがいっぱいあるから!!


CHRONICLE(DVD付)

CHRONICLE(DVD付)