錦織激団 第5回公演「涙;プレイ」@新宿SPACE107



初オリゲキ!
観劇してきました。
今日は本当はお休みではなかったんだけど
急遽予定がまるっと空いたのです、し。


なに?オリゲキチケット余ってんの??
行こうかな。。。チケット高い。。。
と迷っているうちにうっかり前売り終了


ただでさえチケット高いのに
当券\5000払ってしまいましたよ!!


だってりゅうしんさんにあいたひ


そうだよ、輝矢じゃ意味がないのだよ!!
(のろたくと輝矢がダブルキャスト)


マチソワだったので、むむっと迷いつつ
マチネ行ってきました(翔やんがソワレに来てたっぽい。失敗。。)



主演・脚本・演出:錦織純平
疲弊困窮するJ-ROCK界において、最後の救世主(メシア)として崇められるカリスマバンド「Celeb:Play/セレブプレイ」。しかし、彼らの実態を知る者は少ない。。。
彼らは、自らの美学を貫くため、無秩序な知名度の広がりを拒み、LIVE展開は常に神出鬼没、徹底された情報統制により、彼らの実態を目の当たりにするのはおおよそ不可能ではあるが、数少ない降臨目撃者からは「究極の様式美であり、その姿は真のメシア・・・」との証言。
その存在は、都市伝説的に社会へ伝染、そして彼らは、「カリスマ」と呼ばれるに相応しい地位に君臨している。




!!未確認情報!!
Celeb:Play解散か!?


天才、鬼才ゆえか、常人による「常識」という尺度では、
理解不能なCeleb:Playリーダー・憂喜(Vo)による、次元を超えた、
行動、発言に疑問を唱えるメンバー達。


揺らぐカリスマバンドの絆・・・。
交錯する情熱、平行線のままの愛情・・・。


怒れるベース・龍信、
悩むギター・狂也、
静観するドラム・MAX、
あわよくばのキーボード・ヒデキ、


どうなるCeleb:Play!
どうするCeleb:Play!!


【キャスト】
●2010.02.10(水)〜02.14(日)
錦織純平
二階堂腱ヂ
舘 わるし
野呂 拓哉
オダワラジョー



セレブプレイのお話ってことで
かなりウキウキで観劇
面白かった!
面白かったよー!!


基本的に龍信さんにくぎ付けだったのだけど(笑)
狂也が面白過ぎた
キャラが!キャラが!!
…迷い過ぎです。


あぁ、それにしても本当に龍信さんカッコよすぎだよ!
ナイスたれ目だし。
苦悩してたし。
ライブの時、ペロペロが再び観れて浮かれましたし。


うん、のろたくが好きというよりも龍信さんが好き。
普通にセレブプレイのライブが観たい!
劇中では3曲プレイ。


憂喜さんも面白いしなんかかっこよく見えたり
可愛く見えたり大変(あたしが)


そして、執事真壁!!
に、龍信ママ役に親父役と大忙しだよぺーやん


MAXかわいいよMAX!!だったし
オダジョーヒデキ横通った!


そうそう、龍信さんの美声も聴けたしね。
とにかく楽しかったです。
そしてお芝居観るともれなくうるうるしてしまう
あたしが今日もいました。
感動屋さん…か?




これでチケットがもう少し安ければ言う事無しだね!
楽しかったけど、凄く良かったけど!!
チケット代と満足感が若干比例していない。。。
(だってもっと安くて面白いお芝居って沢山あるんだもん。。)


まあ、でもそれでもあたしは幸せです。
だって、龍信さんが 全 裸 ! ! ! (笑)
ベースで前は隠していたよ。(葉っぱじゃなかった!)


って、幸せの理由は全裸ではなくて
久々の龍信さんに満足という事で
行ってよかった!
少し、少し、救われましたよ。


のろたくは明日2ステ
他のメンバーは明日2ステ+24日からの後半戦
そして24日からの輝矢
無事に全公演終える事をこっそり祈っておくよ。