最近読んだ本



相変わらずもりもり読んでいますが。。。
なんていうか変わり映えのない感じで
少しばかり活字難民気味です。
今は一体誰の何が面白いとか言われてるの?


([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)

([お]5-1)食堂かたつむり (ポプラ文庫)

路頭に迷っていたところで
こてつんが読みやすくてほっこり系と書かれていたので
ここか!と思いさらっと読了
映画も面白いのかな?どうだろう。
読みやすくてあっという間に読み終わってしまって
ちょっと物足りない位。
面白かったけどね。




好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

舞城好きだー!(笑)




新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

過去の名作を現代に置き換えるなんて。。。
この人すっごい勇気ある
と、恐る恐る手に取ったら
もう完全に別物でしょ?
なんも気にせず素直に面白かった!
安吾好きなので
「桜の森の…」とかどうなの?
て思ったけど、この話好き!
どこまでも、森見登美彦でした。




デザインの輪郭

デザインの輪郭

たまにデザイン的な本も読んだりします。
活字に飢え過ぎて本屋で
いろいろ漁ってたら
あー!これは読まなきゃ!と。。
今更ながら深澤さん。
±0は好きですし。
読みやす過ぎて一瞬で読了。
「工芸の人ももっとデザインの勉強をした方がいい」
と、年末の展示の時に某有名デザイナーの方に言われた事を思い出しつつ。。




ブラバン (新潮文庫)

ブラバン (新潮文庫)

津原泰水です!津原やすみですよ!
もうね、小中学生の時にどれだけ読んだことか!
この方、少女小説を書いていたんです。
シリーズもので好きでめちゃくちゃ集めてたし
今でもたまにひっぱり出してきて読んだりするくらいね。


実はもうずーっと信じて疑いもしなかったんだけど
数年前に津原さん男性だったってことを知った時は
凄くびっくりしたんだけど
今は「やすみ」ではなく「泰水」名義でミステリとかを
書いているってのを同時に知って(無知でごめんね)
うっわーい、と喜んだものでした(ミステリ好き)
で、ようやく手に取りました。
これはミステリではなくて
青春小説な感じなんだけど
津原やすみ(泰水だけどね)読んでるっていうのが
嬉しくって嬉しくって
長編なんだけど久々に睡眠削って
サクっと読了。
うんうん、面白かったね!


高校時代の吹奏楽部のメンバーが
卒業後25年を経て
再結成へと向けて動き出す
過去と現在が行ったり来たり
登場人物が多かったりと
まあ、そういうの苦手な人もいるだろうけど
あたしはもうね、ぎゅぎゅっと心を掴まれて
高校時代のキラキラと
現在のいろんな事に対する諦めのような感情と
なにかもう切なくて。
至極まっとうな青春小説。好きです。