THE BACK HORN KYO-MEI大会 東京エリア2日目@Shibuya-AX



雨です。
やっぱり雨降るんねーしかも寒い。
という事で東京エリア2日目です。


雨のAXはもう絶対に中に入る前に雨に打たれるのだけど
整理番号が良かったので、うん。
濡れたけど。。。少しだけね。
ちなみに3日通しチケットを取っているので
3日とも番号良いんです。


ってことで最前!
光舟さん前!最前!
いつもかなり前で観ているけど
最前は久しぶりかもとうきうき。


まずは今日の対バン
andymoriから。
3ピースでキラキラした感じにやられて
早くも涙線がゆるゆるとしてました。
グッと心をつかまれて
もうCD買わなきゃ聴かなきゃ!
とライブ中からそわそわどきどき
してました。
1984という曲が特に印象的でした。


そしてアジカン
あんまりちゃんと聴いた事なかったし
これから聴く時が来るとも思ってなかったんだけど
思いがけず今回ライブ観る事ができて
なんて言うか思ってたんと違う。。
良い意味で、あたしの中に勝手にあったイメージと違っていて
なんだかグッと来ていました。
たぶん今日はグッとくる日
雨だしね。
とても良かったね。


グッときて気持ちがふるふるした状態で
バックホーンを待つ
もうそれだけで胸がいっぱいになる
本当に今日は何だ?いつになく感動屋さんで(苦笑)


始まった瞬間ドンっと押されながらも視界は良好だし
野生の太陽から始まる意外性に
テンションンも上がるよ。
もう4月なんだけどね冬のミルクもやってくれて
美しい名前でもう堪らない気持ちになって落涙
なんだかいろいろ苦しくて(物理的にも押されすぎだし)
将司の声は出てないし
それでも歌う姿が堪らなく、心に刺さる。
後はもうとにかくブラックホールバースデイ刃と振り切れてました。


栄純のテンションがやたらと高い気がして
気になりつつも2日目終了


心が震える
今日も素敵な夜でした。




1.野生の太陽
2.フロイデ
3.罠
4.冬のミルク
5.美しい名前
6.戦う君よ
7.ブラックホールバースデイ
8.刃


9.コバルトブルー