冬が寒くって本当によかった



ふぇぇ。
結局全然書けてないですね。
まとめて色々書きなぐってたら、長くなりすぎたよ。。。


2月に1つ展示をして、それ以降の日々は穏やかに過ぎていっています。
制作(主にエスキースやら、スケッチやら)と観劇と読書な日々。
この半月ほどで3作品×2ステ
6回劇場に足を運び、様々想いを巡らしておりました。


昨日は箱庭円舞曲 focus#3『円』千穐楽こまばアゴラ劇場
2日に続き2回目の観劇。
過去本公演からの短編が10本あまり。
それぞれが少しずつ繋がっていて
笑って観ていた前半から、後半はグッと重いテーマを感じ
想いが思わずさ迷うね。
人と人との縁、思いがけないどこかで誰かときっと繋がっている。
そんな世界で生きていく私たちの姿が描かれていたよ。


1回目は正面からのとても良い席で。
熱演をもろに受けて色々くらってしまって。。。
昨日はちょっとそれを正面から受け止める自信がなくて
それはきっと昨日という日にちも多いに関係があって
私は少し逃げました。ダメやん。


それでも、やっぱり近くから観たいから下手側の観やすく近い席から。
箱庭円舞曲と言う劇団の作品は日常に近いところにある
感覚がとても好き。
平穏に続く日常がいかに幸せなのか
と言うことを改めて突きつけてくる。
「産まれてくるときはあんなに大変なのに」
突然訪れる死の不条理さを考えずにはいられないなぁ。
最後火葬場でのシーンがとても良い。
それでも残された人々の日常は続いていくのだ。


役者のレベルがそれぞれ高く
どのシーンも見応えがあって、バランスの取れた良い公演だったな。
箱庭は過去3作品、玉置さんが出演されたのしか観ていなくて
今回も玉置さんが出演しているので。。。
お金とか時間に余裕があれば、本当はどの公演も観に行きたいな
と思ってるんだけど、
全然行けてないのは本当に勿体ない事していると思っている!


終演後にご挨拶も、毎度ありがたく、良くしてもらっているので
きちんと想いを返していきたいなぁ。
受け取ってばかりで、返す事は本当に難しい。
私にはなんにもないからなぁ。。。。
あぁ、それにしても、冬が寒くって本当に良かったよ(もう春だけど)
と個人的な幸せに浸っております。秘密。




そして、箱庭円舞曲を2回観る間で
アマヤドリ『月の剥がれる』@座・高円寺 2回観劇
プレビュー公演と後半平日マチネの観劇
アマヤドリ第1回公演、前身のひょっとこ乱舞からの改名、0回公演などを経ての今回の本公演
アマヤドリと言う劇団の産まれる瞬間に立ち会えた事は本当に幸せ。
だって私は主催、脚本、演出の広田さんの創る作品が本当に大好きで大好きで大好きなのですよ。


まだプレビューと言う事もあってか、なんとプレビューは2時間半越えに。
広田さんの世界全開な感じで
0回公演ではなかった群舞も復活して
群舞とてもかっこよくて、とても綺麗で、凄く良かった。
出演も30人弱で、壮大な世界が描かれていたなぁ。


大好きな劇団に大好きな役者さんが客演していると言うのはとても嬉しいもので
コロさんはとにかく素敵だったよ!!
ダンスが観れるのは本当に嬉しいし、私コロさんの声凄く好きだな。
久しぶりに村上まーくんが観れたのも嬉しかった。
まーくんとても良い役で
良い役者さんだなぁ、と改めて思ったり。


2回目は公演も後半に入っての平日マチネ観劇
全体的に整理され、関係性なんかが分かりやすくなって
カットされたシーンもあったりで時間も少し短く
飲み込み易くなっていた。
とても良い作品だなぁ、と思って
セリフはグサグサ刺さるし、グッときているところで
隣の人の観劇マナーが悪くて本当に本当にそれだけが残念だった。
話はするし、鞄はガサガサガサガサ
しまいにはチョコ食べてる匂いまでしてくる。
全く嫌になるね。。


まあそんなだったのだけど、私はやっぱり好きな作品で
2回観れて良かったよ。
終演後、広田さんとお話させて頂けたのだけど
この回から完成形とおっしゃっていて、
完成形観れてよかった。
この後4ステージ残っていたからまた変化はあったかも知れないけどね。
前楽ではダブルコール、楽ではトリプルコールもあったみたい。
観れるならもっと観たかったよ。。


プレビューの時はそもそも、面会なくてコロさんには会えず
2回目の時は、コロさん終演後気を失うように寝てしまったとの事で会えず
ちょっと残念だったな。
一昨年の11月ぶりにまーくんともお話出来たのだけど
覚えてて貰えて凄く嬉しかった、わー。
そして!観劇に来ていた大好きな役者さんとお話出来たのが嬉しすぎた!
演劇を観るきっかけとなった役者さんで、本当に素敵で大好きな方です。
話しかける為に、友達にお付き合いしてもらってめっちゃ待ってしまった。
あー、でも本当に幸せでした。
広田さんとお話したのも一年ぶりだったのだけど、思い出して貰えて幸せだったの!
とにかく幸せな公演でした。




そしてアマヤドリから更に遡って
2月の終わりには柿喰う客 女体シェイクスピア003
『発情ジュリアス・シーザー』でした。
大好きな劇団、大好きなシリーズ(オール女性キャスト、女体シリーズ)の作品です。
青山円形劇場 円形舞台での公演、本当はもっとたくさん観たかったのだけど
ガールズナイト(女性割引、男性割増、アフターイベント有り)と
乱痴気公演(全キャストシャッフル公演)の2回観劇


過去作品、ハムレットマクベスと比べると
オープニングのインパクトが少し弱いかなぁとも思ったのだけど
後半にかけてぐいぐい引き込まれて、最後はちょっと琴線に触れてしまってね、泣けました。
本痴気(乱痴気に対して、通常キャスト)の
深谷さんのブルータス、安理さんのキャシアスが
めちゃめちゃ良かったよ。
泣けた泣けた。やっぱりこの二人は抜群に力のある役者さんで
本当に良かった。
大好きな岡田あがささんも面白くって、素敵だったし
七味さんは過去作品に比べて今回のビジュアルが好み過ぎて
凄くかっこよかった!
ちょっと力不足かなと思うような役者さんもいたんだけど
総じて良かったと言うことでね。


乱痴気の葉丸さんのブルータスもとても良かった
前作マクベスの時にあまり印象の良くなかった我妻さんが
今回本痴気も乱痴気もとても印象が良くて、なんだか嬉しかった。
役者さんが育っていくのを見れてるようで。


シェイクスピアはやっぱり面白くて好きなんだよね。
女体シリーズは次回『失禁リア王
楽しみっ!


この観劇ラッシュでは箱庭以外の公演で観劇仲間に会うことが出来て
もうずっと一人で観てばっかりだったけど
去年から共有出来る友達が出来て嬉しい限り。
さて、私は何処に向かっているんだろうね??




とまぁ、こんな日々
面白く書けるわけでもないのに長々書いてしまったよ。。。
ゆるやかに日々書いていけたらいいのになと思ってるのに
何故こんな事に。。。。。