電撃



先日電撃ネットワーク三五十五さんが亡くなった。
闘病してたのはもちろん知っていたし、大変な状態であったことも、昨年末1日だけの復帰会見も。
三五さんが復帰を切望していたことも、辛い体調のなかで、復帰への意欲を消さず闘っていたことも。
全て報道される範囲でだけではあったけど、知っていた。
それでも、遠からず訪れるであろう最期の日を想像しなかったわけではなかったけど。
やっぱり、悔しくて、悲しくて、寂しくて、早すぎるよと涙せずにはいられなかったなぁ。


でも、まわりでこの訃報を悲しむ人もおらず、話題にのぼることもなく。
それが、更に寂しくてやるせなかったんだけど、ようやく数日前にショックだったという人に出会って少し救われた。


大好きでも、何年もずっと、ずっと、見続けられるものはやっぱり少なくて、それでも、嫌いで離れたわけではないから、いつかまた巡りめぐって出会える時がくるんじゃないかと楽観的に思っていたりして。
でもこうやって、どうしようもない事態に直面することは少なからずやってくる。
その時に大きな後悔をしないためには今目の前にある見続けずにはいられないもの、人を本当に大切にしているか、だったり、目の前にある生活をどれだけ誠実に生きているかだったりなんだよね、って事がようやく飲み込めてきている。
大好きなもの全てを手にいれるなんて、無理だし、甚だおこがましい。
けど、こうやって悲しむ事ができて、悔やむものがあって、やっぱり電撃大好きだったし、きっと今も大好きで、それだけでも出会った意味はあった。
三五さんのMC大好きだったから、もう観ることができないの悲しすぎるよ。
また、きっと必ず、寂しいけど、もう三五さんには会えないけど、それでも電撃観に行こう、また観に行きたいと思えたの悲しいけど今回の事があったから。
嫌いで離れた訳じゃないから、今想いを馳せても電撃大好きだな、ダンナさん大好きだな、ギュゾウさんかっこいいな、南部さんが居てくれてよかったな、三五さんのMC最高だよっ!!ってなる。


電撃また観に行くよ!三五さん!!
お疲れさま、ありがとう、どうか安らかに。




大切なものがありすぎるよ!
解散も訃報も大嫌いだよっ!!!